精神的に消耗しやすい人がやっている11の悪い習慣

  • 2017.06.17 Saturday
  • 08:41

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

 

ドキッとするタイトル、さらに読むとドキッとする無意識な習慣に気づくかもしれません(^_^;)

 

精神エネルギーの管理の重要性をシンプルにまとめてくれている記事を抜粋紹介します。(全文はタイトルリンクを参照)

 

 

 

 

精神的に消耗しやすい人がやっている11の悪い習慣
https://www.lifehacker.jp/2017/05/170523_bad_habits.html

 

 

 

すべての仕事を終わらせるために使える、1日あたりの精神的なエネルギーには限りがあります。エネルギーを使い果たしてしまったり、もしくは最初から少なかったりしたら、生産性を保つのは難しくなります。

 

時間管理をやっている人はいると思いますが、精神エネルギーを管理している人はいるでしょうか? 

 

まだ管理したことがなければ、最高のパフォーマンスを発揮できていません。今回は、精神エネルギーを確実に奪い取り、生産性を下げる、悪い習慣を紹介します。このような習慣をなくせば、パフォーマンスが上がるはずです。

 

 

1. 計画性がない
これは決断疲れに近く、かなりエネルギーを使います。決めなければならないことが多ければ多いほど、それだけ精神エネルギーを使います。決断には、「大学で何を専攻するか」のような大きなものから、「今日はどのシャツを着るか」のような小さなものまであります。

決断の重大さにかかわらず、決めることにはエネルギーを使います。決断を制限している有名人の話を、聞いたことがあるのではないでしょうか。ワードローブがとても少ない、毎朝同じものを食べる。このような習慣は、決めなければならないことをかなり減らします。ここまで極端なことをする必要はありませんが、間違いなく計画はした方がいいです。


2. 過密スケジュール
逆に、予定を詰め込みすぎてもよくありません。色々なイベントですぐに予定を埋めてしまう人は多いです。仕事、家族サービス、飲み会などの外出、運動、他にもやりたいことで、すぐにスケジュールはいっぱいになります。
ゆとりの時間は、生活のバランスを保ち、精神エネルギーを維持するのに欠かせません。忘れがちなことですが、これほど大事なものはありません。


3. 散らかっている
生産性を上げるのと同じくらい整理整頓が大事だとは、思っていない人が多いかもしれません。しかし、整理整頓ができていると、生産性が上がると思ったことはありませんか? 視覚的な刺激の量が多いと、集中しようする時に脳にかなりの影響を与えることが、研究で証明されています。

気をそらすようなものがあると、集中するのに余計に精神エネルギーを使います。音が鳴ったり、振動したりしていなくても、積極的に邪魔するものもあります。身の回りに物がたくさんあるだけでも、集中するのがより大変になります。


4. 先延ばしにする
精神的に疲れていると、先延ばしにしたい誘惑にかられます。ある意味、これはかなり理にかなっています。最高のパフォーマンスが出せない場合は、大事な仕事はしたくないでしょう。しかし、先延ばしは、脳に大きなダメージも与えます。

今やるか、後でやるかを決めることにすら、精神エネルギーは使われます。やらなければならないことを覚えておくだけでも、エネルギーが要るのです。フラフラと行ったり来たりを繰り返していると、大事なエネルギーが本当に無駄になります。


5. メモを取らない
頭の中に色々な情報が点在しているほど、より多くの精神エネルギーを使います。スーパーでの買い物リストと、週末のプロジェクトの企画、誰かの電話番号、などを考えてみてください。このようなものを書き留めなければ、覚えておくために脳の容量を使うということです。そして、必要な時にそれを思い出さなければなりません。

どこにあるかがわかっていれば、何かを見るために戻るのはとても簡単です。作業記憶の中に留めておくのは大変ですが、メモを取るのはとても簡単です。


6. 完璧主義
私は「満足感」という言葉が好きです。特に、満足感というのは、満足できるものを見つけるということです。ブログを書いているとしたら、完璧にするのに何時間もかけることができます。ですが、ある程度満足して、そこでやめることもできます。

これは、雑な仕事をしろという意味ではありません。これ以上やっても、自分の努力や労力が、納得できるレベルの結果に見合わない、というタイミングを見極めるという意味です。ほとんどの場合、誰も気に留めません。


7. マルチタスク
ご存知だとは思いますが、マルチタスクは認知的にかなり非効率的だということは、研究で証明されています。ひとつのタスクから別のタスクに移る時に「スイッチング」をしなければならないからです。ひとつのことだけをやれば、スイッチングで精神エネルギーを無駄にしなくて済みます。

 

8. 食生活が貧しい
食べているものは、精神エネルギーにかなり大きな影響を与えます。白米や白いパン、精製された白砂糖のような高血糖インデックス食品(高GI食品)は、血糖値を急激に上げますが、直後に急降下します。急降下した時に、疲れを感じ、あまり生産的に仕事ができないでしょう。

しかし、玄米や全粒粉、フルーツや野菜、良質なタンパク質などの低GI食品は、エネルギーを高めますが、急上昇するのではなく、エネルギーが長持ちします。もっとゆっくりと段階的に上がるので、とても助かります。


9. 水を飲んでいない
しっかりと水を飲みましょう。どれくらい飲めば十分なのかというのは議論の余地がありますが、1日6〜8杯の水を飲めば、十分潤いを保つことができます。水分補給レベルが少し下がるだけでも、大きな影響が出ることがあります。

炭酸飲料やコーヒーや紅茶ではなく水を飲むのは、簡単ではないこともあります。しかし、喉が乾いた時に水をたっぷりと飲むことで、エネルギーレベルはかなり変わってきます。水を甘く見てはいけません。


10. 睡眠不足
睡眠以上に精神エネルギーを充填できるものはありません。質の高い睡眠を十分に取ると、やらなければならないことができるエネルギーがきちんと貯まります。しかし、睡眠の恩恵は忘れられがちです。

睡眠不足の場合、精神的にも元気がなく重たい感じがします。カフェインなどで打ち消すこともできますが、カフェインの耐性ができます。短時間の睡眠に慣れることもありますが、エネルギーの限界が低くなることに気づくでしょう。


11. 好きなことを後回しにする
きちんと計画を立て、ゆとりの時間を持ち、一度にひとつのことだけに集中し、これまでに紹介してきたことをすべてきちんとやっていても、好きなことをつい後回しにしてしまうことはあります。新しいスキルを学んだり、プロジェクトを始めたり、ゲームをしたり、本を読んだり、このようなことはとてつもなく大事です。


精神エネルギーをどのように管理するか?
人生を変えるほどの決断や、毎日の大したことない仕事など、大きいことから小さなことまで、精神エネルギーを使うことは数えきれないほどあります。しかし、良い習慣を育むようにすれば、精神エネルギーが格段と増えることに気づくはずです。

慢性の病気に罹る子供が激増!〜ワクチン接種にご注意

  • 2017.06.17 Saturday
  • 08:37

 

 

慢性の病気に罹る子供が激増、過多なワクチン接種が原因か…接種で自閉症の発生率増

 

Business Journal 最新記事 2017.06.17 ヘルス・ライフ
文=水守 啓/サイエンスライター

 

 現代のアメリカでは、アレルギー、喘息、自閉症、多動、注意散漫、学習障害、不安などを抱える子供たちが増えている。アメリカの子供たち3200万人の実に43%が、肥満を除いた20の慢性疾患のうち、少なくともひとつで苦しんでいる。

 

 それは親の世代と比較して4倍以上である。祖父母の世代では子供の頃に薬など飲んだことがないのが当たり前だったが、状況は年々悪化してきている。今や、5歳未満の子供で100万人以上、17歳未満の子供で830万人以上が精神科の薬を、毎月4人に1人がなんらかの処方薬を摂取している。

 

 現代の子供たちが病気がちな理由として、食事の質や運動、睡眠を含めた生活習慣をはじめ、大気汚染、パソコンや携帯電話などによる電磁波、騒音、有害化学物質への曝露、さらには家庭環境や性格・嗜好・性癖など、さまざまなことが考えられる。

 

 だが、6歳までに14種を50回、18歳までに16種を69回接種してきたワクチンにもその原因があるのではないか。

そう考える人々も徐々に増えつつある。

 

 実際のところ、ワクチンの接種により、特定の病気を予防する以前に、副作用に苦しむ人々も目立つようになってきた。たとえば、子宮頸がんワクチンによる副作用は、日本でもニュースで取り上げられるほど問題となり、接種の必要性自体が疑問視されている。

だが、公衆衛生当局者らは、時に副作用が生じることは認めつつも、各種ワクチンは安全で効果的であるとの姿勢を崩していない。

 

 

 そんななか、学者が出版物を通じて発表するケースとしては初めてのことであるが、注目すべき調査報告が去る4月24日、オンライン科学誌「Journal of Translational Science」上でなされた。米ミシシッピ州ジャクソン州立大学公衆衛生学部疫学及び生物統計学科の教授アンソニー・R・モーソン博士らは、ワクチン接種者と非接種者の健康度を比較調査したのだ。

 

 対象となったのは、フロリダ、ルイジアナ、ミシシッピ、オレゴンの4州の6歳から12歳の子供たちで、ワクチン非接種者261人とワクチン接種者405人の計666人だった。なお、家庭環境が子供たちの健康に与える影響を減らすべく、既婚40歳前後の母親を持つ白人中流家庭が中心に選ばれた。


さて、その調査結果の一部を紹介しておこう。以下は、ワクチン接種者が非接種者と比較して、どれだけ多く特定の病気に罹り、治療を受けたのかを示したものである。差が現れなかった病気については記していない。

 

・自閉スペクトラム症4.2倍
・アレルギー性鼻炎30倍
・アレルギー3.9倍
・抗アレルギー薬の処方22倍
・学習症5.2倍
・ADHD(注意欠如・多動症)4.2倍
・耳感染4.0倍
・耳への廃液チューブ挿入手術8倍
・湿疹2.9倍
・発熱治療4.6倍
・神経発達症3.7倍
・各種慢性病2.4倍

 

 すでに触れたように、ヒトの健康にはさまざまな要素が関係してくるため、これらの数字を簡単に評価することは難しい。しかし、それにしても、ことごとくワクチン接種者のほうが悪い数字が出たことに対し、多くのアメリカ人は複雑な気持ちを抱いたようである。

 

では、特定の病気を予防するためのワクチンが実際にどれだけその病気に対して有効なのだろうか。

 

安心できる結果といえるかもしれないが、調査によると、ワクチン接種者は水痘(水疱瘡)で71%、百日咳で75%、風疹で87%、非接種者よりも罹患率が少ない数字となっていた。

だが、例えば生後15カ月未満になされる小児用肺炎球菌ワクチンに関しては、非接種者よりも接種者のほうが5.3倍多く肺炎球菌感染症に罹っており、ワクチン接種の意義が疑わしいこともみえてきた。

 

 

 ところで、近年急速に増えつつある病気として、自閉症がある。1980年代には1万人に1人の確率で見られたが、90年代初旬では2500人に1人、12年では88人に1人、今日では68人に1人となっている。98年に新三種混合ワクチンの接種と自閉症との間に関連性があるとした医学論文が発表され、その後しばらく業界を揺るがしたが、のちに論文の不備が指摘され、無関係とされたことがあった。

 

 だが、今回の調査によると、自閉症は、ワクチン接種者のほうがワクチン非接種者よりも4.2倍罹りやすかった。論文の執筆者はデータのみを公表し、見解を示してはいないが、これは新三種混合ワクチンとは無関係としても、他のワクチンとの関連性には余地を残す結果であったといえるかもしれない。

 

 

 そもそもワクチンとは、病原体からつくられた無毒化あるいは弱毒化された抗原を体内に投与し、抗体の産生を促して感染症に対する免疫を獲得させるものである。無毒化・弱毒化の方法次第でリスクに幅が出ると思われるが、そのメカニズム自体にはそれほど問題はないだろう。

 

 基本、問題視されるのは、ワクチン自体に添加される物質のほうである。というのも、ワクチンには保存料として有害な水銀化合物のチメロサールや、ワクチンの効果を強めるためにやはり有害な塩化アルミニウムや水酸化アルミニウムが含まれる傾向があるからである。また、ヒトの中絶胎児の細胞から取り出したDNAや動物のDNA、レトロウィルスなど、健康への影響度がまだ十分に検証されていないものが使用されることもある。

 

 

 さらに難しい問題がある。最も基本的なことだが、免疫力・代謝能力には個人差があり、有害と思われても、まったく問題が現れないこともあれば、敏感に現れてしまうこともある。昔からワクチン接種においては、副作用を体験する少数派は常に存在してきた。多くの人々に安心を与え、大多数の健康人には無縁であったことから、少数の犠牲は致し方ないという面もあっただろう。

だが、今や状況が異なる。生まれた時点で、子供たちの間にはかつて以上に免疫力・代謝能力に差が現れているのである。もはや誰もが一律にワクチンを接種することで大多数の人々が救われる時代ではなくなった。

 

 

 ワクチン接種者は、非接種者と比較して2.4倍抗生物質を処方されており、余計に医療機関で治療を受けていることも明らかとなった。つまり、ワクチンの接種が健康面で悪循環を生み出している可能性が考えられる。

確かに一部の感染症はワクチンで抑えられる傾向はあるが、それ以外のリスクを抱え込むこともある。

 

子供は自分自身でワクチン接種の意義を判断できない。

 

結果として、親にその判断は委ねられることになるが、自信をもって決断できる親はいったいどれだけいるだろうか。

 

(文=水守 啓/サイエンスライター/ホームページ: http://www.keimizumori.com

 

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/06/post_19484_3.html

「癒やされるランプシェード」と「無香料資源活用の取り組み」紹介

  • 2017.06.03 Saturday
  • 06:35

JUGEMテーマ:化学物質&電磁波過敏症から気づくこと

 

 

瞬く間に6月になってしまいました(^_^;)

 

21日は、この星に愛と自由と平和を広げる祈りが拡がる「夏至」。

 

穏やかな気持ちで、自分以外を評する事無く、真我の成長のために、日々意識を拡げて、孤独の中でたくさんの命に支えられていることに気づき、学び、未熟な自分を1ミリでもアップデートし続けていきたい、大切な通過点を迎えます。

 

 

新緑に包まれたキャンプ村の管理棟「ひだまり庵」の廊下を優しく照らす足下灯に、新たなランプシェードが仲間入り(^0^)/

 

昨冬に訪問した熊本。お城や神社、橋、道路、まだまだ阿蘇地震被災の損壊も各所に残るなか、「くまもとCSの会」の定例会に参加してきました。

 

 

久しぶりに再会した過敏症仲間が手作りしてくれたのが、このランプシェードなんです。

 

素材はすべて自然のもの、流木、和紙、布、ひも、、、、作り手の優しさ、愛情が感じられる、シェードを着せ替えできる工夫までされた世界に一つの逸品!

 

ちょっと暗くてわかりにくいとは思いますが(^_^;) 興味ある方は、是非、南会津の健康キャンプ村へ療養、視察にお越し下さい。

 

 

 

昨日、その仲間からのお知らせが届き、共感しましたので併せて紹介させていただきます。

 

********************************以下、転載***

4月から工房で、「無香料こども用品シェアリング」という活動を始めました。

無香料子供用品のシェアリング事業〜全国のこども達に【無香料】を届けたい!!〜 同志、有志に大いに拡散希望!!

アトリエパザパは4月より新事業をスタートします!その名も、、、 【無香料こども用品シェアリング】

この試みは、化学物質過敏症(以下CS)患者の実情と、香料が苦手なお母さんの声から始まりました。 

お母さん「お下がりをいただくんだけど、とっても香りがきつくて困るなぁ…」 
お母さん「こんなにプンプンするのを、こどもに着せても大丈夫かなぁ…」 
お母さん「うちの子、柔軟剤使ってると肌が荒れちゃうんだけど…」
色々なところでCSのお話をしているうちに、一般のお母さんからもそんな声が聞こえてきました。

一方で、CSのお母さんやCSのこどもを持つお母さんからもこんな声が…。 
CSお母さん「もう小さくて着れなくなった子供服。香料がつかないようにするの、苦労したなぁ…。」 
CSお母さん「外着と部屋着を完全に分けて、そとで香料がついた服は何回も何回も洗って香料をおとして…」 
CSお母さん「でも、毎日保育園(学校)ですんごい香りを付けて帰ってくるし…」 
CSお母さん「小さくなってもう使えないけど…使えないけど…普通の家庭にお下がりしちゃうのは…いやだー!」 
CSお母さん「できれば、同じ苦労をしている人に使ってもらいたいなぁ…せめて、無香料を大切にする人に!」

アトリエパザパはこの間を取り持つことにいたしました(^o^)具体的にはこんな活動をします。

○無香料世帯【香料を使わない世帯】から色々な子供用品を回収(お下がり)し、その時必要な人にシェア(貸し出し)する。
○シェアされた人はこどもが大きくなって使わなくなったものは返却する
○シェアを終えたものをパザパでベイクアウト(香料飛ばし)などをし、ストックヤードへ保存する。
○その時必要な人にまたシェアリングする。
○一般向けとCS向けを分けて、どちらのこどもたちも利用できるようにする。

対象となるものは、【香料を今まで家庭で使っていないもの】と【香料移りのないもの】。
子供服、ベビー服、肌着、布おむつ、タオル、布小物などなど、ありとあらゆる布や、ベビーカー、チャイルドシート、食器、靴、などなど、こどもや赤ちゃんに関するものすべて!

そして、染みになった服、破れた服、使い古したおむつやタオルも大歓迎!
細かく切って【無香料ウエス】にしたり、ワンポイントを切り取ってパッチワーク材料に活用します。

必ず必要になるけど、こどもの成長と共にすぐ使えなくなってしまうものたち。
そんなかけがえのない大切なものたちを、【無香料】という価値をプラスして、次の方に繋げる活動です(^o^)

この活動の最大の特徴は、資産が【お金】ではなく、【無香料】という価値です。
香料のついていないこども用品が最大の資産であり、それを広く活用、保存することを目的とします。
そのためにはまず、資産を確保しなければならない!

つまり、【無香料に価値を見いだした皆様】から、たくさんの資産(お下がり)をお預かりするところから、この活動はスタートします!!
もちろん、活動として継続するためにはある程度の資金は必要ですが、まずは小さく始め、細く長く活動していきたいと思います。

それから、まずは地元人吉球磨で、この活動に賛同していただける方をサポーターとして大大大募集します!!
名付けて、 【無添加こどもサポーター】

目的は上記の通り、あとはそれに向かって「何ができるか」を話し合える【仲間】を募りたいと思います!
全国のこども達に【無香料】という環境を届けるために!!アトリエパザパに力を貸してください!!

活動に興味のある方。お下がりを提供してくださる方。
その他お問い合わせはFBメッセージかメールアドレスまでよろしくお願い致します。

アットマークは変換してくださいね(^o^)
メールアドレス; atelier-pas-a-pasアットマークzmail.plala.or.jp
アトリエパザパ店主 吉本でした!!

今はまだ亀さん歩きのこつこつ仕事ですが、細く長く続けていければと思っています。それでは、またm(_ _)m

 

********************************転載終わり***

 

お家に眠っている「無香料資源」を発掘して、過敏症やアトピー、アレルギー、ぜんそくなどで苦しむ子供達、保護者さんへシェアする社会貢献取り組みに、是非ご参加ください(^0^)/ いけや拝

 

アースディあらかい〜美味しい味噌を仕込みましょ(^0^)/

  • 2017.04.21 Friday
  • 13:39

JUGEMテーマ:化学物質&電磁波過敏症から気づくこと

 

 

アースデイ〜4月22日は、この星の各地で私達の母なる地球「ガイア」に意識を向けて、地球や生命達が今、どんなアプローチで、内なる自己(魂)に訴えかけ、つながり、調和、協働、使命、、、、、何かに気づいて、言葉と行動が変わって、意識が拡がって、それまでの自分から大きく成長できるきっかけになる日(かなぁ〜)。

 

言ったこと、考えたこと、意識を向けたことが目の前に「現実化」するとしたら、あなたは何を現実化したいですか?

 

そんなこと考える1日でありたいし、どんな星で、どんな人たちと、どんな暮らしをしたいか?ってポジティブな意識で。

 

・・・と書いていると、iTunesから「イマジン」が流れてきた(^0^)

 

私的な気持ちとして、いつでもどこでもだれとでも「エブリデイ・アースデイ」であってほしいσ(^◇^;)

 

 

 

地球の日 アースデイ.JP〜日本各地でもイベント盛りだくさん!

 

アースデイ東北 2017

日時:4月22日(土)10時〜16時(昼の部)・17時〜20時(夜の部) 4月23日(日)10時〜16時
入場料:無料
場所:仙台市錦町公園(宮城県仙台市青葉区本町2丁目21−1)
主催:アースデイ東北実行員会

 

 

「アースデイあらかい」は、今週末にロハスセンターで味噌仕込みをします(^0^) 母なる地球に感謝しながら。

 

今年は幻の青大豆で、分搗き米麹仕様で、あらかい味噌(青大豆バージョン)を150kg仕込みます。

 

青大豆で仕込んだお味噌は、低脂肪で美味らしいです。

 

オーガニック仕様は、そう簡単には入手できない「幻の味噌」らしいので、ちょっと楽しみ。

 

ただ、大豆を洗うお水が氷水のように冷たくて、、、、、、手が真っ赤ですσ(^◇^;)

 

 

 

暖かな春日和〜キャンプ村も順調に雪溶け中です

  • 2017.04.14 Friday
  • 14:34

 

今朝は氷点下3度くらいかなσ(^◇^;) でもきれいな青空と暖かな陽射しに、気分は晴れやか、春到来って感じです。

 

午後になって、気温は16度まで上がりました。

 

キャンプ村の様子を伺いに来てみると、橋をふさいでいた腰まであった雪も溶け、敷地内に入れました。

 

 

橋のたもとからの様子は、こんな感じです。もうあと少しで雪も消えるかな。

 

 

 

ひだまり庵裏手の日陰は、まだちょっと雪深いですね。

 

ここが最後に残るかなぁσ(^◇^;)

 

 

 

すこやかハウス達は、ざっと見た感じ損傷も無く、早く雪囲いをはずして風を通して欲しい〜っ!って、伝わってきます。

 

広場は陽当たりが良いので、一気に雪溶けしそうです。

 

 

 

龍神様のあたりも木漏れ日が雪を溶かして、新芽が顔を出し始めていました。

 

予報では、向こう一週間は日中15〜6度まで暖かくなるようで、後半は雨も手伝って、来週末にはキャンプ村再開作業が始められそうです(^0^)/